レンタカー

フィレンツェ空港レンタカーオフィス車があればイタリアをよりよく知り、より楽しめ、よリ肌で感じることが出来ます。

思い切って車を借りて自然と歴史あふれるイタリアを見に行ってみませんか?

(2010 年 6 月更新)

同行通訳市内、郊外への同行、オーダーメード店でのショッピングの通訳、 フィレンツェ・シエナの美術館ガイドなどをいたします。
買い物だけでなく、美術の専門ガイドなど、自分達だけのツアーでフィレンツェの町をお楽しみ下さい。
詳しくは下のリンクより。

LinkIconフィレンツェ同行通訳・コーディネート

イタリアでの運転の鉄則

普通運転編

日本とは違い車はミッション車がほとんどです。
最近ではオートマチック車のレンタカーも増えてきていますが、オートマチック車を借りたい方はあらかじめ予約を入れておきましょう。
大手レンタカー会社は、日本の代理店やインターネットから予約出来ます。

イタリアは日本とは全く逆の左ハンドル右側通行です。
慣れてしまえばどうってことないのですが、交通量が多い市内を走る時には十分注意をしましょう。

標識は日本とほとんど同じです。
中には日本では見られない標識もありますが、重要なのは以下のものです。

一方通行一方通行 (矢印に "SENSO UNICO") 進入禁止進入禁止速度制限速度制限

直進と右折可直進と右折可
一時停止一時停止追い越し禁止追い越し禁止

交差点では電気節減のためか効率アップのためか信号がなく、ロータリーになっているところをよく見かけます。
ロータリーは常に中にいる車が優先となっているので、必ず地面に小さな三角が並んでいる一時停止線を守りましょう。

またロータリーの出口に、誤って侵入しないように進入禁止の標識があることがありますが、迷った場合はあわてずにロータリー内をもう一周しましょう。

イタリア人は車線があっても隙間があれば車を進めてきます。
そんな時は無理をせず、余裕を持ってゆずってしまいましょう。

また、わき道から出てくるとき、必ずと言っていいほど一時停止線を守りません。
運転中は必ず車が脇から飛び出してくると思いながら運転しましょう。

フィレンツェ市内の運転

市内は住民以外の車での乗り入れが制限されていたり、一方通行が多かったり、極端に駐車スペースが狭かったりと、慣れと技術が必要です。

またフィレンツェの動脈とも言える、市を取り巻くように走っている大通り(Viale:ヴィアーレ)は隙間があれば頭を突っ込んでくるので、周りを注意しながら慎重に且つ大胆に運転しましょう。

フィレンツェ・トラム(路面電車)が開通したため、交通規制が大幅に変わっています。(2010年6月現在)

・フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ中央駅前から抜ける方法

フィレンツェ・トラム(路面電車)の完成に伴い東側へも西側へも抜けらられるようになりました。ここでは駅前ローターリーからの道順をお知らせします。
西側へ抜ける場合
駅前を突っ切り、SITA(シータ:郊外バス会社)を右手に見ながら信号を右折してVia della Scala(スカーラ通り)に入り、まっすぐ進み大通りに出ます。
外周道をすぐに右折すれば内回り、一つ目の外周道を横切って次の信号で左折すれば外回りに出られます。
※スカーラ通りは市内バスも利用するので混雑します。
東側へ抜ける場合
ロータリーから駅を左手に見ながら進みます。Lazzi(ラッツィ:郊外バス会社)のオフィスが角にありバス乗り場のあるPiazza Adua(アドゥア広場)に入り、正面奥のVia Cennini(チェンニーニ通り)を進み突き当たりのVia Faenza(ファエンツァ通り)を左折して外周道へ出ます。
合流した外周道では右はバス専用路線となりますので、左側の車線に入ります。ここでFirenze Sud(フィレンツェスッドゥ:フィレンツェ南)方面に進む方は右側の車線を、空港、Porta al Prato(プラート門)方面に向かう方は左側の車線に車を進めていくと渋滞を少し避けることが出来ます。

・フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ中央駅に向かう方法

1.ポルタ・アル・プラート方面より
ポルタ・アル・プラートを過ぎて、正面に列車の高架が見える交差点で右折してVia L. Alamanni (ヴィア・アラマンニ)に入り道なりに進めば駅西側に出ます。
※途中、トラムの信号をまたぎますので、気をつけて進みます。
2.リベルタ広場より
リベル広場からLorenzo il Magnifico(ロレンツォ・マニフィコ通り)に入ります。
一つ目の信号を左折、幹線道路を横切り、ナツィオナーレ通り直進すると駅前到着です。
駅到着時、一般者は左側の車線しか入れませんので注意しましょう。
※ロレンツォ・マニフィコ道りは少しわかりづらいので、事前に地図などで確認しておくのがお勧めです。


・駅近くのレンタカーを利用して郊外に出る場合(avis, Europcar, Maggiore, Hertz)

avis、Europcar はBorgo ognisanti( ボルゴ・オンニサンティ通り)のオフィス、もしくは同じ通り沿いにあるガレージから出発することになります。
ボルゴ・オンニサンティ通りを進み、Via il Prato(プラート通り)に合流してプラート門まで進んで外周道に出るのが一番シンプルです。
Maggioer, Hertzはプラート通りを進むことになります。
Maggiore はオフィス前から出発して左折してプラート通りに入ります。またHertz はガレージがプラート通りにあります。途中、見通しの悪い交差点や一時停止がありますので注意して進みます。
※もしプラート門で外周道外回り(左折)に出たいのに曲がれない場合は、あわてずにバッソ要塞まで進み、要塞の周りを回れば外周道に合流することが出来ます。

・レンタカーを返却する場合

一番わかり易いのはLungrarno Amerigo Vespucci(アメリゴベスプッチ通り)を目指します。アメリゴ・ヴェスプッチからPonte Amerigo Vespucci(アメリゴ・ヴェスプッチ橋)の袂の信号のある交差点を左折してVia Maso Fingerra(マーゾ・フィングエッラ通り)に入りレンタカー会社ごとのガレージを目指します。
フィレンツェ南方面からアクセスする場合
プラート門を過ぎて一度、Ponte alla Vittoria(ヴィットーリア橋)を渡りロータリーで転回して、再度橋を渡り、渡ってすぐのアメリゴ・ヴェスプッチ通りを入ります。
フィレンツェ・チェルトーザ方面からアクセスする場合
Ponte alla Vittoria(ヴィットーリア橋)を渡りロータリーで展開して、再度橋を渡り、渡ってすぐのアメリゴ・ヴェスプッチ通りを入ります。

TZL(Traffico a Zona Limitata:フィレンツェ交通規制区域)

フィレンツェ市内入場制限標識フィレンツェ市内は、駐車スペースの問題、自動車による歴史的建造物の汚染や空気汚染を防ぐために、市によって区分けされたエリアの住民と一部の自動車(バス、タクシー、商業車)を除いて一般車は走行できません。

街の入口となる要所には、センサーと自動カメラが設置されていて、違反者はナンバープレートが撮影され、罰金が科せられます。

この罰金1回が約80ユーロで、レンタカーを利用した場合にはクレジットカードから引き落とされてしまいます。


フィレンツェ市内入場制限信号最近では規制区域の入り口に信号が出来始めていますが、全ての入り口に付いてはいませんので、市内にアクセスする際には十分注意しましょう。

レンタカーで宿泊するフィレンツェ中心地のホテルまで乗り付けた場合には、必ずホテルのフロントに申し出ましょう。
また、レンタカーで中心街のホテルまで向かうことが決まっている場合、必ず宿泊先のホテルに駐車場の有無、市内への入場許可の申請依頼の手続きを確認しましょう。

※旅行中、自動車での移動をお考えの方は、フィレンツェの中心街の宿泊はおすすめしません

LinkIconフィレンツェ交通規制区域

高速道路編(AUTOSTRADA)

高速道路には有料のAUTOSTRADA(アウトストラーダ)と日本のバイパスにあたるSUPERSTRADA(スーペルストラーダ)があります。

スーペルストラーダは無料で利用でき、制限速度が低いこともあります。

ここでは一般的に標識に「A ○」(○は数字)で表示されるアウトストラーダの利用についてお知らせします。

【乗り方】

イタリア高速道路インターチェンジ入り口の種類は2種類のみです。

Telepass(テレパス)は日本のETCと同様ですので、ここからの入場は出来ません。
現金、クレジットカード利用は人が高速券を渡している絵が書いてある入口から入場します。
場所によっては、全て対応出来る入り口もあります。
入口の上の信号が赤になっている入口は、入場できないので注意しましょう。


【降り方】

自動精算機高速道路の入口、出口はほとんど日本と同じですが支払い方法によって出口も異なります。

・現金払い

  • 通常、人のいる窓口です。
  • 現金払いの方はこの出口をご利用下さい。

・現金機械払い

  • どこの出口にもあるわけではないのですが、最近増えてきた無人の自動清算機です。
  1. 赤いHELPボタンの下の緑の矢印の下の挿入口にチケットを挿入します。
  2. 画面で支払い金額を確認して支払いを行います。
  3. 硬貨は上の青い字で「SOLO MONETA(ソロ・モネータ:硬貨のみ)」とかかれているポケットに、紙幣はその下の「SOLO BANCONOTE(ソロ・バンコノーテ:紙幣のみ)」と書かれている下の挿入口に1枚ずつゆっくり入れます。
  4. 画面で認識されていない硬貨やつり銭を確認して、戻ってきたつり銭を受け取って終わりです。

レシート希望の場合は、画面左側に「RICEVUTA(リチェブータ:レシート)」の矢印が出ますのでその先のボタンを押して発行しましょう

・TELEPASS

  • 日本のETCと同じものですので、レンタカーの方は利用できません。

高速道路カード精算機・Via Card / Cards

  • 日本でいうハイウェイ・カードとクレジットカード専用の出口となります。
  • クレジットカードはVISA、MASTER、AMEX、DINERSが使えます。
  1. 右下の挿入口から入り口で受け取ったチケットを挿入します。
  2. 画面の料金を確認して、チケットを挿入したところと同じところにカードを挿入します。
  3. しばらく待つとカードが戻ってきますので、受け取るとゲートが開きます。
  4. レシートが必要な方は、この時右側の赤いボタンを押すとカードを挿入した入り口とは逆のところからレシートが出ます。
  • カードが読み取られないでエラーが出る場合は左側の赤いボタンで、窓口にどこから乗ったかを連絡して指示に従って支払います。

【走り方】
高速道路では左の車線が追い越し車線となっています。
高速で追い越し車線を走る車もありますので、通常は右側の車線を走行しましょう。

運転に慣れると、スピードを出しがちになります。
最近急激にスピード違反取り締まり機の普及が進んでいますので、スピードの出しすぎには十分注意しましょう。
この機械は街の入り口と出口の一般道でよく見られます。
一般的には天候が良いときの最高速度は130キロです。

イタリアでも飲酒運転やスピード違反による事故が多発しています。
食事なども考え、しっかりとしたドライビング・スケジュールを組み立てて、「飲んだら乗るな」などの交通常識をしっかりと守りましょう。

高速道路の行き先表示板は日本と同じ緑地に白抜きの字で書いてあります。

また、一般道は青地に白抜きでこちらも日本と同じ書き方ですが、小さな村などに行く場合は、あらかじめ経由していく大きな街を頭に入れてその街を目指し、そこからまた次の経由地点を目指して進んでいきましょう。
目的地の近くまで進むと、必ずどの街の標識がありますから、ひょっとしたら日本よりも分かりやすいかもしれません。

フィレンツェ周辺のインターチェンジ

フィレンツェの街へアクセスするための高速の出口は全部で3箇所あります。
(実際には4箇所ありますが、市外に向かうには3箇所が便利です)

  • ・Firenze Nord(フィレンツェ・ノルド:フィレンツェ北口)
  • まさしくフィレンツェの北側に位置し、フィレンツェ空港のすぐそばです。
  • 中央駅方面に出られる方はこの出口が便利です。
  • またピサ、りヴォルノ方面へのA11とも繋がっていて、いくつか合流と分流がありますのでスピードを押さえて運転しましょう。
  • ・Firenze Certosa(フィレンツェ・チェルトーザ:チェルトーザ修道院口)
  • フィレンツェの南に位置するインターチェンジです。
  • シエナに向かうスーパー・ストラーダもここからスタートします。
  • 名前の通りチェルトーザ修道院の横に入口があり、フィレンツェの南側へのアクセスに便利です。
  • ・Firenze Sud(フィレンツェ・スッドゥ:フィレンツェ南口)
  • フィレンツェノ南東に位置する出口です。
  • この出口からキャンティ街道が始まります。グレーベ・イン・キャンティに向かう場合などは便利です。
  • 街の東側やスタジアム方面に向かう場合は便利です。

駐車編

駐車券自動販売機日本以上にきっちり車を停めるイタリアでは、縦列駐車は運転上でもっとも重要な技術のひとつです。

よく車をぶつけながら駐車したり出したりすると言われますが、最近はそんな風景もあまり見られなくなり、あててもそっと押すくらいになっているようです。

数日間レンタカーをする場合、駐車の場所は大きな問題です。

地面に書いてある白地の駐車スペースは付近の住民用のスペースとなっています。

青字は、付近の住民は住所の部分が見えるように車検表をおいておけば無料で駐車できます。
通常は 有料スペース(平日のみの場合が多いです)として使われるので、レンタカーなどの利用はこの青い線のところを利用しましょう。

黄色は緊急、障害者、救急車両用のスペースですので通常の駐車はやめましょう。
また、ほとんどの道路で週に1回清掃を行う日があり、この日に車を放置しておくとレッカー移動されますので、路上駐車するときには必ず確認しましょう。

清掃のための駐車禁止標識
ほとんどの道路では、「毎週○曜日 ○○時より清掃を行う」という標識がありますので駐車する際にはしっかり確認しておきましょう。
また、大きな広場などでは月に1回のところもあります。

「第4週目の土曜日6:00~12:00は清掃のため駐車禁止」の標識

路上の駐車スペースを探すのが面倒な方はあらかじめガレージの場所を問い合わせ、駐車できるか確認しておきましょう。


フィレンツェ市営駐車場

フィレンツェ・パーキングフィレンツェには市営の駐車場が11箇所あります。
また私営の駐車場も多くありますので、青地、白地の駐車ペースを利用して上手に駐車しましょう。
ここでは比較的中心に近い駐車場5箇所の簡単情報をお知らせします。
さらに細かい情報は以下のリンクからフィレンツェ駐車場サイト(伊語)をご参照ください。


サンタ・マリア・ノヴェッラ中央駅地下駐車場

場所
フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ中央駅地下、北東側のVia Nazionale、もしくは北西側のVia L. Alamanni よりアクセス
オープン時間
24時間
料金
最初の2時間まで1時間2ユーロ、3時間目以降3ユーロ
フィレンツェ駐車場ページ

Parterre(パルテッレ)駐車場

場所
リベルタ広場北側、リベルタ広場からCura 方面に進み一つ目の信号を左折
オープン時間
24時間
料金
1時間1.5ユーロ
1日18ユーロ
ウィークデーの夜(18:00~09:00)11.5ユーロ
1週間(24時間)65ユーロ
フィレンツェ駐車場ページ

ベッカリア広場地下駐車場

場所
フィレンツェ東側、アルノ川方面からベッカリア広場の手前左側に入り口
オープン時間
24時間
料金
1時間1.5ユーロ
1日18ユーロ

サン・タンブロージョ駐車場

場所
フィレンツェ東側サンタン・ブロージョ市場近く、ベッカリア広場からアルノ川方面約50メートル右側
オープン時間
24時間
料金
平日

(7:00~14:00)最初の2時間まで1時間 1ユーロ、それ以降は1時間3ユーロ

(14:00~20:00)常に1時間 1.5ユーロ

(20:00~7:00)1時間 1ユーロ

休日

(7:00~20:00)1時間1.5ユーロ

(20:00~07:00)1時間 1ユーロ

フィレンツェ駐車場ページ

オルトレアルノ駐車場

場所
フィレンツェアルノ川の南側、ポルタ・ロマーナ門より入場、カルツェ広場
オープン時間
24時間
料金
1時間1.5ユーロ
24時間18ユーロ
フィレンツェ駐車場ページ

LinkIconフィレンツェ・パルケッジョ(フィレンツェ駐車場地図)へ進む

おもなレンタカー会社

イタリア語でレンタカーは Autonoleggio(アウトノレッジョ)と言います。

車の手続きに必要なものは以下の通りです。

  • パスポート
  • 国際免許証
  • クレジットカード
  • 電話番号

航空会社のマイレージに加算できるところもありますので、マイレージカードをお持ちの場合は提示してみましょう。

市内、イタリア国内の簡単な地図であればもらえますので、遠慮なく聞いてみると良いでしょう。
また同じガレージに帰す場合は、帰りの道順もここで聞いておくと便利です。
また最近ではイタリアでも「ナビゲーション・システム」のレンタルもオプショナルで行っていますので、利用をお考えの場合は予約時に合わせて問い合わせましょう。

フィレンツェ空港内は、到着ロビーから空港の外に出て、左側(タクシー乗り場やバス乗り場とは反対側)にまとまって事務所を構えております。

次のリンクで市内のオフィスの住所も確認できます。

LinkIcon地図と各オフィス連絡先へ


ページの先頭へ

コーディネート・サービス

フィレンツェ発ワイナリー訪問シチリア・コーディネートサービスイタリア人から学ぶ料理教室個人旅行コーディネート・サービス法人様向けリサーチ・通訳業務

レンタカー・マップと一覧

フィレンツェ・レンタカーオフィス・マップ
LinkIconレンタカーオフィス一覧へ

企業通訳について

cb_campany.gif
ペルバッコでは展示会出の買い付けや出展における通訳を行っております。
イタリア・マーケット進出をお考え中の企業の方はお気軽にご連絡ください。

LinkIcon企業通訳ページへ

イタリアマップ

おすすめアフィリエイト

BOOKING.COM


214x60_en_logo.gif

ホテルを検索する

チェックイン日

calendar

チェックアウト日

calendar

手数料無料のオンラインホテル予約

ウィークエンド・フィレンツェ


Book now and save time!
ウフィッツィ、アカデミア美術館予約はこちらから

アマゾン・ジャパン


amazon.gif

イタリアに関する書籍からマンマが使うキッチングッズ、旅に役立つ変圧器まで、お勧めの一品はこちらから

LinkIconイタリア関連書籍
LinkIconイタリア関連小説・コミックス
LinkIconイタリア関連DVD
LinkIconイタリア・オペラ
LinkIconイタリア旅行で便利な電化製品
LinkIconマンマも使うキッチングッズ

地球の歩き方 aruco イタリア

aruco_italia_s.jpg2015年9月25日 改訂第2版 第2刷発行
ポケットサイズで持ち運びもラクなガイドブックを私たちスタッフが取材のお手伝いをしています!

LinkIcon詳細・購入はこちらから

イタリア・ソムリエ協会資格

イタリアソムリエ資格取得講座

cb_adv_logo.gif
イタリアの正規のソムリエ資格取得講座

オリーヴ・ソムリエ資格取得講座

cb_adv_olio.gif
イタリア・ソムリエ協会認定、オリーヴ・オイル資格取得講座