VERONA(ヴェローナ)

アレーナ「ロミオとジュリエット」「アレーナ」で有名なVerona(ヴェローナ)。
その他、ワインの見本市「ヴィーニタリー」、毎年夏にアレーナで開催される「夏の野外オペラ」も有名でヴェローナの名を世界に広めているイベントです。

ミラノ―ヴェネツィア間の移動の途中にぜひ立ち寄って欲しい北イタリアの町の魅力を紹介します。


アクセス

ミラノから

  • ES City(ユーロ・シティー)にて約1時間20分

ヴェネツィアから

  • ES Cityにて約1時間10分

フィレンツェから

  • AV(アルタ・ヴェロチタ)にて約1時間30分

イタリア国鉄(FS)

個人旅行お手伝いページペルバッコではあなただけの個人旅行のお手伝いをご用意しております。
ワイナリー訪問、料理教室、専属ガイドなど、イタリア滞在中のご相談を承っております。
お気軽にご相談ください!

leggi.gif問い合わせメールを出す

個人旅行コーディネートトップへLinkIcon

VERONA(ヴェローナ)

何度も来ているのに、行くのはいつも決まった所。
定番中の定番「ジュリエットの家」と「アレーナ」。

「いつも同じ所に行ってもね~。」

と思い、今回は行ったことがなかった所から攻めてみました。

まず駅に着いてしたことがVerona Card(ヴェローナ・カード)購入。
市内13ヵ所の観光スポットと市バス乗り放題の券で、1日券は10ユーロ、3日券は15ユーロ。
これ、ヴィチェンツァの共通チケット以上にお得です。

LinkIcon24コ目の町 ヴィチェンツァへ

ヴェローナ・カードを手に駅前のF乗り場からバス73番に乗り、終点で降りて向かったのは・・・、
Museo Archeologico al Teatro Romano(考古学博物館、ローマ劇場)。

ローマ時代の水道管入口付近に何気なく置いてある、ローマ時代の鉛製の水道管を見てまず感動!
今から約2,000年も前にこんな高度な技術と知識があったことに、いつものように感心しっぱなしです。

ローマ劇場跡の一部が考古学博物館になっていて、ほとんど見学者のいない館内をほぼ独り占めでゆ~っくり1時間半見学しました。


ローマ時代のガラス容器彫像やモザイクを見ながら、

「2000年以上前の人の顔も体つきも今の人間と変わらないんだな~。」

なんて当り前のようなことに関心したり、儀式や家庭で使用していたきれいな色のガラス容器に見入ったりして・・・。


ローマ劇場模型劇場として機能していた時代には、こんなにも立派な建物だったそうです。

「おーーー!」
とまたもや感動。

私的遺跡見学のポイントは「想像」ですが、当時の様子が復元された模型は「想像」を一気に「現実」へと変えてくれるので見ていてすごく楽しいのです。


ヴェローナの景色考古学に興味がなくても劇場の上からヴェローナの町が眺められるので、パノラマポイントとしても訪れる価値ありです。



Museo Archeologico al Teatro Romano
(考古学博物館、ローマ劇場)

住所
Regaste Redentore, 2
TEL
045-8000360
開館時間
月曜 13:30~19:30
火~日曜 8:30~19:30
(チケット売り場は18:45まで)
料金
4.50ユーロ(1~5月と10~12月の第一日曜は1ユーロ)
ホームページ

ローマ劇場見学の後は、Duomo(ドゥオモ)へ。

ヴェローナのドゥオモ内】外観はピンクと白の縞模様、中は立派な礼拝堂がいくつもありパイプオルガンも立派!
トスカーナにある教会とは趣が異なり、この違いを見るのも楽しみの1つです。

訪れた日はパスクアの前だったので、主祭壇のロウソクをセッティングしたり、ミサ参列者に配るオリーブの小枝が用意されていました。


サンタ・エレナ教会内の遺跡ドゥオモまで行ったらぜひ見て欲しいのが、主祭壇を正面に見て左の扉から続く洗礼堂と隣の教会。
隣の教会はローマ時代の教会遺跡の上に建てられ、その一部が見られるようになっているのです。

「おーーー。」とここでも感動。


Duomo(ドゥオモ)

住所
Piazza Duomo, 21
TEL
045-595627
開館時間
3~10月 日曜・祝日 13:30~17:30、月~土曜 10:00~17:30
11~2月 日曜・祝日 13:30~16:00、月~土曜 10:00~16:30
ホームページ

ドゥオモの次は、Chiesa di Snat'Anastasia(サンタ・アナスターシア教会)へ。
ドゥオモよりは落ち着いた雰囲気の分、床の模様とこの2つの彫刻に目がいってしまいました。

せむし像

Gobbi

これ、聖水盤を背中にのせているのです。
一体は苦しそうな顔、もう一体は心配そうに頭を抱えながら。
昼間はいいけど、夜見たらちょっと怖いかも・・・。
いずれにしても変わった聖水盤です。

Chiesa di Snat'Anastasia(サンタ・アナスターシア教会)

住所
Piazza Sant'Anastasia, 2
TEL
045-592813(ヴェローナの教会協会)
開館時間
夏期 火~土曜 13:30~17:00、日曜・祝日 13:00~17:00
冬期 月~土曜 9:00~18:00、日曜・祝日 13:00~18:00
閉館日
冬期 月曜
入場料
2.50ユーロ
ホームページ

エルベ広場サンタ・アナスターシア教会をあとにし、町をキョロキョロしながらようやくたどり着いたのがPiazza Erbe(エルベ広場)。
ローマ時代から今も尚、町の中心の広場です。
Casa Mazzanti(マッツァンティ家)の壁面に描かれているフレスコ画が広場に華やかさを与えています。


ランベルティの塔広場を見下ろすかのように建っているのはTorre dei Lamberti(ランベルティの塔)。
ここからヴェローナの町が一望出来ます。

「登れる塔は登ってみるべし」精神で、気軽な気持ちで早速中へ。

階段とエレベーターがありエレベーターを利用したものの、下りてから更に上らないといけない階段が結構きついのです。
一番上に着いた頃には「ゼーゼー、ハーハー」、言葉も出ず。

年々ね、思うようにね、体がね、動かなくなって・・・ね・・・。


Torre dei Lamberti(ランベルティの塔)

住所
Via delle Costa, 1
開館時間
8:30~19:30
入場料
エレベーター 6ユーロ

ここまでの入場料は、

  • ローマ劇場 4.50ユーロ
  • ドゥオモ  2.50ユーロ
  • サンタ・アナスターシア教会 2.50ユーロ
  • ランベルティの塔 エレベーター利用で6ユーロ
  • 市バスに1回乗車 1ユーロ

まだ定番の「ジュリエットの家」にも「アレーナ」にも行っていないのにこの時点で合計16.50ユーロ。
すでに元は取りました。

ねっ、ヴェローナ・カード、お得でしょう。

ヴェローナの定番はまた次回。

2010年5月 宮崎

ページの先頭へ

指差しながら会話する

地球の歩き方 aruco イタリア

イタリア旅行の必需品

2012年春発売
ポケットサイズで持ち運びもラクなガイドブックを私たちスタッフがお手伝いしました!
「売れてます!」と喜びの報告を受けたばかり

ホテル探し BOOKING.COM

214x60_en_logo.gif

LinkIconBOOKING.COMでホテルを探す

ホテルを検索する

チェックイン日

calendar

チェックアウト日

calendar

おすすめアフィリエイト

ウィークエンド・フィレンツェ


Book now and save time!
ウフィッツィ、アカデミア美術館予約はこちらから

アマゾン・ジャパン



イタリアに関する書籍からマンマが使うキッチングッズ、旅に役立つ変圧器まで、お勧めの一品はこちらから

イタリア・ソムリエ協会資格

イタリアソムリエ資格取得講座

cb_adv_logo.gif
イタリアの正規のソムリエ資格取得講座

オリーヴ・ソムリエ資格取得講座

cb_adv_olio.gif
イタリア・ソムリエ協会認定、オリーヴ・オイル資格取得講座