CORTONA(コルトーナ)

CORTONA(コルトーナ)  トスカーナ州のアッシジとウンブリア州ペルージャの間に位置する、州境の街。

中部イタリアの他の地同様エトルリア時代からの歴史があり、小さい市街ながらもアンティークショップや、優良ワイン産地のモンテプルチアーノに近いだけにエノテカをよく目にします。

ガイドブックではなかなか紹介されていない街ですが、この街から眺める中部イタリアの大地は必見です。

今後注目を集めるかもしれない予感を感じる、そんな所です。


同行通訳市内、郊外への同行、オーダーメード店でのショッピングの通訳、 フィレンツェ・シエナの美術館ガイドなどをいたします。
買い物だけでなく、美術の専門ガイドなど、自分達だけのツアーでフィレンツェの町をお楽しみ下さい。
詳しくは下のリンクより。

LinkIconフィレンツェ同行通訳・コーディネート

2004年7月××日 晴れ

 夏はやはり暑い。
快晴をこよなく愛する私だけど、一日中外にいる今日はちょっと曇ってもいいかな。

私の願いが天の神様に届いたのか、今日は晴れながらも少し風があり普段よりは過ごしやすい。

でも油断は禁物と思い、まだ涼しい時間帯に現地コルトーナへ到着するよう計画。
その計画は、8:09フィレンツェ発の電車に乗り、コルトーナに近いCamucia(カムーチャ)に9:22に到着するもの。

が、ここはイタリア。

予定の電車は約1時間遅れの出発で、結局カムーチャ駅に着いたのは10:22。

エッ、この時間って時刻表に載っていた9:09フィレンツェ発の電車と一緒じゃない。
ということは、タイムスケジュール的にこの2つの電車はフィレンツェでまとまっちゃったってこと??

どういうこっちゃ!

イタリア国鉄(FS)

カムーチャ駅コルトーナへは、イタリア国鉄でフィレンツェ方面からだとカムーチャ駅、ローマ方面からだとTerontola(テロントラ)駅で降りるのがよい。

この駅から国鉄が運行している青いバスかタクシーで小高い山の斜面にある街、コルトーナへと行くことになる。

私が降りたカムーチャ駅からコルトーナまでは、バスが6:33から30分、時間帯によっては1時間30分に1本の割合で20:01まである。
不幸なことに、10:22に駅に到着した私が乗れる次のバスはなんと11:55。
思わず無言・・・。

電車が1時間も遅れなければ、その前の9:43か10:12に乗れたのに!

ダメもとで、駅前で話しに花を咲かせていたおじさん達に聞いてみた。

私:「あの~コルトーナまで行くバスは、あの青以外にありますか?」
おじさん:「バスはあれしかないから、次を待つしかないよ。アッハッハ。」
やっぱり・・・。

駅から見えるコルトーナの街を眺めながらどうしようか考えていると、私と同じ境遇のアメリカ人らしき二人組を発見。
すかさずこの二人組を誘ってタクシーを呼ぶことにした。

タクシー乗り場に書いてある携帯番号にかけると、

運転手:「あ~、今ちょっと忙しいからすぐには行けないなぁ。タクシー乗り場に他の番号も書いてあるでしょう? そこにもかけてごらん。」
私:「は~一応かけてみますけどけど、もしその人もダメだったらまたかけてもいいですか?」
運転手:「ああ、いいよ。じゃあね。」

とまあ、なんとも商売っ気のない人。
少しでも早く街に行きたい一心で他の番号にかけてみると、電波が届かないか電源が入っていないため不通。
忙しいのは分かっているけど、また最初の運転手さんに電話をした。

私:「他の番号はつながらなかったので、駅まで来て下さい。」
運転手:「分かったよ。15分あれば着くから。」

ひとまずホッと一安心。

タクシーは駅を後にし、ドンドン坂を上ってPiazzale Garibaldi(ガリバルディ広場)に向かった。

途中目の前に広がる大地に感動しながら、同情したアメリカ人と共にそれぞれの国の言葉で「きれい!」 と連呼。

タクシー

カムーチャ
368-7386544 または 328-2726585
コルトーナ
335-8196313 または 338-8371243
テロントラ
360-957648 または 338-1008098

コルトーナのガリバルディ広場ガリバルディ広場からの眺めは、この街がいかに周りに何も障害物がないかを実感させてくれる。
丘陵地帯が多いトスカーナ州らしからぬ真っ平らな大地とウンブリア州のLago Trasimeno(トラジメーノ湖)。
この時点でこの街の魅力を充分堪能。

自然の美しさの余韻に浸りながら、インフォメーションへ。
何を見るべきかよく分からないので、お姉さんに見所を聞いてそれを参考に回ってみることにした。

コルトーナの見所
P.zza della Repubblica(共和国広場)
→Palazzo Comunale(市庁舎)
→ Teatro Signorelli(シニョレ ッリ劇場)
→Cattedrale(カテドラル)
→Museo Diocesano(教区博物館)
→S.Francesco(サン・フランチェスコ教会)
→Santuario S.Margherita(サンタ・マルゲリータ教会)
→S.Domenico(サン・ドメニコ教会)

アドバイスとして、「サンタ・マルゲリータ教会は急な坂を上った所にあるから車の方がいいわよ。」「サン・ドメニコ教会は興味があれば行ってみて。」と言っていた。

ついでに今年の主なるイベントもチェック!

今年の主なるイベント

Tuscan Sun Festival 2004 音楽、文化、芸術のフェスティバル

開催期間
8月1~15日
場所
シニョレッリ劇場
ホームページ

Giulietta e Romeo
バレエによるロミオとジュリエット

開催日
8月6日
時間
21:30
場所
シニョレッリ広場

Calici sotto le Stelle
D.O.C Cortonaワインの試飲

開催日
8月10日
時間
23:30
場所
シニョレッリ劇場のロッジア

Sagra della Bistecca
ビステッカ祭り

開催日
8月14、15日
場所
Giardini del Parterre(パルテッレ庭園)

La Boheme
オペラ ラ・ボエム

開催日
8月19日
時間
21:15
場所
シニョレッリ劇場
問い合わせ、予約先
0575-601882

Sagra del Fungo
きのこ祭り

開催日
8月21、22日
場所
パルテッレ庭園

Cortona Antiquaria
骨董市

開催日
8月28日~9月12日
場所
Palazzo Vagnotti(ヴァニョッティ宮殿)

Mozart Organista, Matteo Galli
オルガンによるモーツァルトのコンサート

開催日
9月19日
時間
18:30
場所
Chiesa San Filippo(聖フィリッポ教会)
その他
入場無料

インフォメーション

住所
Via Nazionale, 42
TEL
0575-630656
開館時間
月~土曜 9:00~13:00/15:00~19:00
日曜、祝日 9:00~13:00
ホームページ

コルトーナのインフォメーション

今朝の1時間遅れを取り戻そうと勢力的に行動を開始。
街の中心にあたる共和国広場は、中世にタイプスリップしたような気分を味わえる場所。

コルトーナ市庁舎市庁舎をはじめ、広場を囲む建物が当時のままの雰囲気で残っているからだろうなぁ。

今後、誰かに「好きな広場はどこ?」って聞かれたら、ここを挙げると思う。


コルトーナの八百屋さんシニョレッリ劇場が面している広場にやけに賑やかな所があるので覗いてみると、そこは八百屋さんだった。
色とりどりの旬の野菜や果物が並び、地元の人達が「我先に」と買い物している様子に思わずつられて私も中へ。

消費者ペースで買い物が出来るスーパーと違って、元気のいい八百屋さんペースのこういうお店は楽しいさもついてくるからなんかお得。

八百屋さんの隣は、夜のみOPENのワインバー。
ワインとおつまみが大好きな私にとってとっても魅力的な場所だけど、残念ながら次回のお楽しみにとっておこう。


Taverna Pane e Vino

住所
Piazza Signorelli, 27
TEL
0575-631010
開店時間
夜のみ
定休日
月曜
ホームページ

コルトーナのドゥオモ街の端にあるカテドラル(ドゥオモ)は外観は質素ながらも、中の主祭壇や説教台や礼拝堂は立派。
礼拝堂を飾る絵には下からライトがあたって、まるで美術館のような雰囲気をかもし出している。

イタリアはどこをとっても美術館や博物館みたいだなぁ~。

カテドラル(ドゥオモ)

住所
Piazza del Duomo
TEL
0575-62830
開館時間
夏期 7:30~12:30/15:00~18:30
冬期 8:00~13:00/15:00~17:00

街の西側を見た後は、真ん中にあるサン・フランチェスコ教会と東側の山の上にあるサンタ・マルゲリータ教会を目指してこの街にはかかせない坂を上り始めた。

スニーカーを履いてきてよかった。 ホッ!

サン・フランチェスコ教会の午前中の拝観は12:00までで、惜しくも5分過ぎていたために中に入れずじまい。

やはり1時間遅れの影響が・・・。

サンタ・マルゲリータ教会に行くには聖フランチェスコ教会の前の道、いやいや急な坂が立ちはだかっている。

コルトーナの坂道気持ちは上を目指しているんだけど、体は「考え中、考え中」状態。
体に気合を入れて、いざ上へ。

やっぱり、き・つ・い。

でもきつい坂の苦しみと反比例するように、周りの景色はドンドンときれになっていく。
昔ながらの石造りの家、教会までの並木道。

インフォメーションのお姉さんは車の方がいいって言っていたけど、気合さえあれば充分歩ける距離だし、歩いた方が教会のありがたみを感じる。

サンタ・マルゲリータ教会しかもいい天気ながらも、今日は涼しくて本当によかった!!!
いつもみたいに暑かったら、まず上る気にならなかったと思うもん。

いや~、いい日を選んだ。


サンタ・マルゲリータ教会

住所
Piazza Santa Margherita, 1
TEL
0575-603116
拝観時間
夏期 7:30~12:00/15:00~19:30
冬期 8:30~12:00/15:00~18:00

動物的本能なのか、更に高い所を求めたくなった私は街の一番上にあるFortezza Medicea di Girifalco(ジリファルコ・メディチ家要塞)へ続く坂へ足を進めた。

ジリファルコ・メディチ家要塞からの眺めここから街を見ると、さっきまでいた教会の鐘楼と屋根までが低く見えていかにこの要塞が高い所にあるのかが分かる。

景色も最高!
そして、この爽快感。
頑張って来てよかった。


ジリファルコ・メディチ家要塞

開館期間
4月10日~9月30日
開館時間
7、8月 10:00~19:00、7,8月以外 10:00~18:00
料金
大人 3.00ユーロ、子供 1.50ユーロ

要塞まで制覇するための案

  • その1. 駅からタクシーに乗り、そのまま要塞まで一気に来てしまう。
  • 帰りは歩いて街まで行く。
  • その2. 街に着いたらまず元気なうちにガリバルディ広場からVia S.Margherita(サンタ・マルゲリータ通り)を通って要塞までの坂を上る。
  • 帰りは、町並みを見ながらVia S.Croce(サンタ・クローチェ通り)を通ってサン・フランチェスコ教会へと向かう。
  • その3.今回の私のようにまず街を見て、その後気力で要塞まで上る。
  • 帰りは、少し疲れながらもお昼を求めて惰性で下る。

いずれにしても歩きやすい靴と体力が必要!

エネルギーを消耗し、爽快感を味わったあとは昼食。
今日のお昼はおいしく食べられるだろうな。

オステリア・デル・テアトロ途中街の人達から集めた情報をもとに、最終的に行ったのはOsteria del Teatoro(オステリア・デル・テアトロ)。

その名の通り、レストラン内はオペラがかかり、壁には演目のポスターや舞台の写真がたくさん飾られていていい雰囲気。

カメリエーレ(ウエイター)の人達も感じがよく、ペコリーノチーズがかかった少し大きめのニョッキもおいしかった。
インフォメーションのお姉さんが、

「この街の食べ物といったら、ビステッカよ。」

と言っていたので、 ラードとプルーン風味の牛ヒレステーキも頼んでみた。
バルサミコソースがたっぷりかかっていてちょっと重かったけど、肉の味はさすがにおいしい。

オステリア・デル・テアトロ

住所
Via Maffei. 2
TEL
0575-630556
営業時間
12:00~14:30/19:00~22:00
定休日
水曜
ホームページ

その他、すすめられたレストラン

La Locanda del Loggiato(ラ・ロカンダ・デル・ロッジャート)
テラス席から、市庁舎がよく見える眺めのいいレストラン。
40分待ちと言われたので、断念。

住所
Piazza di Peschiera
TEL
0575-630575
定休日
水曜

Fufluns(フフルンス)
ピッツェリア兼レストラン。
定休日にあたり断念。

住所
Via Ghibellina, 3
TEL
0575-604140
営業時間
12:00~14:30/19:30~24:00
定休日
火曜

Trattoria Toscana(トラットリア・トスカーナ)
家庭料理のお店。
定休日にあたり断念。

住所
Via Dardano, 12
TEL
0575-604192
営業時間
12:30~14:30/19:30~21:45
定休日
火曜

Via Jannelli(ジャンネッリ通り)食事の後は、お散歩気分でカテドラル近くの中世の町並みが残る通り、Via Jannelli(ジャンネッリ通り)へ。

木で支えられている部分が今にも落ちそうでちょっと怖い。

大丈夫かな???

再び街の中心に戻ってきて、ショップ散策。


Molesini(モレジーニ)Molesini(モレジーニ)

イタリアの食の雑誌「ガンベロ・ロッソ」も推薦するエノテカには、フィレンツェではあまり見かけないCortona D.O.C.があって興味津々。

D.O.C.G.ワインを生産するモンテプルチアーノが近いだけに、Nobile di Montepulciano(ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ)やRosso di Montepulciano(ロッソ・ディ・モンテプルチアーノ)の種類も多い。

住所
Piazza Repubblica, 3
TEL
0575-62544
営業時間
10:00~13:30/15:00~20:00
ホームページ

Il Pozzo (イル・ポッツォ)Il Pozzo(イル・ポッツォ)

トスカーナの風景写真やコルトーナの絵、革のカバーがかかったノート類、花や植物が入ったロウソクを売っているお店。

ポッツォとは井戸のこと。店内に本物の井戸跡があるのがおもしろい。

住所
Via Nazionale, 10
TEL
0575-603730
営業時間
9:30~13:30/14:30~20:00/21:00~24:00

Artigianato Lorenzini (アルティジャナート・ロレンツィーニ)Artigianato Lorenzini
(アルティジャナート・ロレンツィーニ)

可愛いキッチン用品がずらりと並ぶお店。
果物や野菜の形をした食器類は、コレクションとして集めたくなる感じ。
地下にはアンティーク調の家具もあり、見ているだけでも楽しい。

住所
Via Nazionale, 58
TEL
0575-603011
営業時間
夏期 9:00~13:00/16:30~20:00
冬期 10:00~13:00/16:00~19:30

街のタバッキでバスのチケットを買い、帰りはガリバルディ広場から青いバスで駅まで行った。
値段は1.00ユーロ。

遠ざかる街を見ながら、改めて今日自分が行った要塞やサンタ・マルゲリータ教会がいかに街の高い所にあったかを実感。
あ~、本当に今日は頑張った。

ここは、芸術よりも景色と小さくて可愛い街並みを楽しむために来るべき所だなぁ。
天気はもちろん晴れ。でもあまり暑くない時がいいかも。
トスカーナの大地、本当にきれいだった!!!

ページの先頭へ

指差しながら会話する

おすすめアフィリエイト

ホテル・クラブ

割引ホテル予約
ペルバッコのお勧めホテルも予約できるホテル・クラブ

ウィークエンド・フィレンツェ

Book now and save time!
ウフィッツィ、アカデミア美術館予約はこちらから

アマゾン・ジャパン


イタリアに関する書籍からマンマが使うキッチングッズ、旅に役立つ変圧器まで、お勧めの一品はこちらから

イタリア・ソムリエ協会資格

イタリアワイン・ソムリエ資格取得講座

cb_adv_logo.gif
イタリアの正規のソムリエ資格取得講座

オリーヴ・ソムリエ資格取得講座

cb_adv_olio.gif
イタリア・ソムリエ協会認定、オリーヴ・オイル資格取得講座